企業がSNSアカウントを持つメリットとデメリットについて

SNSアカウントは企業にとってどのように影響があるのか考えてみよう

>

SNSの特性を理解して上手に運用していこう

幅広い年代に人気のSNSと言えば

SNSを運用していく上ではターゲットを絞ることが重要ですが、そのターゲットを絞る為に活用しやすいのが、幅広い年代に人気がある「YouTube」や「LINE」になります。
この二つは、若い世代だとかなりの確率で利用しており、様々なジャンルのコンテンツがあるため、利用者の好みも多種多様と言えます。
自社商品やサービスはどのような年代に需要があるのか、どういう思考の人達に受け入れられやすいのか、マーケティングの意味でも利用しやすいのではないでしょうか。
「YouTube」の利用目的は、主に「暇つぶし」の為、投稿内容は気楽に眺めることが出来ることを心がけておくと良いでしょう。
また「LINE」の利用目的は、主に「連絡手段」ですが、「ニュースの閲覧」も出来る為、最近のトレンドなどを取り入れてニュース調にしてみると読みやすくなるかもしれません。

ビジネスとして有益なSNSと言えば

SNSは全面的にビジネスを押し出すことは出来ませんが、Facebookや Instagramは、割とビジネス色が高いと言えます。
FacebookやInstagramを利用している人達は、30代40代50代の働き盛りの世代が多いので、閲覧理由もビジネスに有益な情報を求めていることが多いと言えます。
とは言え、SNSの利用目的は第一に娯楽の為なので、あまり堅苦しいものは好まれませんが、自分にとって有益だと思える投稿であれば目を惹くこともあるのではないでしょうか。
最新のトレンドを取り入れつつ、適度に自社商品やサービスをアピール出来れば、徐々に興味を持ってもらえるかもしれません。
どちらも拡散性は低いですが、一度気に入ってもらえれば継続的にファンになってもらえる可能性は高いと言えるのではないでしょうか。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ